便利な装備の最近のブログ記事

ここ数日でいきなり寒くなってきましたねえ。
今朝の最低気温は4.4度でした。
香川県は元々あったかい地方なのですが、その分防寒対策は割と緩いというか、あんまり対策されてないんですよね。

もっと寒い地方で雪の中で車中泊をする場合はバベスト社製ヒーターエバスペッヒャー社製 エアヒーターなどの強力な暖房が必要になると思います。

確かにこれだと暖かさは折り紙付き。完璧な装備と言っても良いですが、どうしても結構高額な導入コストがかかっちゃいます。
それに見合う働きはしてくれるので導入しても損はないと思いますが地方によってはそこまで必要ないと言う判断の場合もあるでしょうし、元手がないという場合(私のこと)も有ると思います。

で、昨シーズンから使っていてとっても良かった品物がこれ。

「12V電気寝袋」です。



これはお勧めって思っていたらなんと今年はもう売り切れ。ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん 
もう一つ予備買っときゃ良かった。


でも、しつこく検索してみたらまだ売ってるお店を発見。
値段は上がってますねえ。(T_T)シクシク





昨シーズン使ってみての感想。

かなりのお気に入りです。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

私的に冬の車中泊では必需品です。

漂流号の場合は車体の断熱加工はしていないので車中泊の時は明け方になるとだんだんと冷え込んできて寒くなるのですが、この電気寝袋のスイッチを入れるとすぐにあったかくなってきます。
肌触りも良くて寝袋単体としてみても結構保温力があります。
とはいえ、3シーズンシュラフのレベルですけど。

だけど、この電気寝袋にサウスフィールドのフリースシュラフとコーナンオリジナルのシュラフDXを組み合わせると驚きの暖かさです。

サーキットの前泊の時に寝袋を暖めておこうと思って移動中にスイッチを入れてみたことがあります。
サーキットに到着して寝ようと思ったら、寝袋が暖まりすぎて暑くてしばらく広げて冷やさないと眠れませんでした。
3月のはじめの頃だったと思うからまだ寒い時期だったんですけどね。

欠点としてはスイッチのオンオフがわかりにくいって所と、サブバッテリーかポータブルバッテリーが必要ですね。

もう一つ冬の車中泊でおすすめグッズに「エコ湯〜ゆ愛」がありますが、それはまた次回のお話しで。

ガソリン代割引特典
KC3Z0866.jpg

今日の収穫。
水回り部品ゲットです。

携帯代やプロバイダ利用料の割引特典のあるクレジットカード
KC3Z0806.jpg

ホームセンターで発見したカイロです。
商品名は「マジックECOカイロ」です。

思ったよりも安くて298円でした。

商品説明によると使い捨てないカイロで使った後は熱湯に10分〜15分浸けておくと蓄熱できてさらに便利なのは蓄熱した状態で保存可能。
使いたい時にマジックボタンを押すと発熱が始まる所。
これならお湯が沸かせる場所でまとめて蓄熱しておいて寒くなったらその時に発熱させてほっかほかが出来そうです。

とりあえずお買い上げしてみます。
o(^-^)o

FX
防炎スプレーファルガードの実験です。

ごく普通のコピー用紙(しかも使用済み)を準備します。

P1160904.jpg

片方の紙にはファルガードを吹き付けて乾かしてあります。
吹きつけ直後はこんな感じね。

P1160906.jpg

2枚を重ねてクリップで固定します。

P1160911.jpg

裏側が加工してない方ね。

これに対する熱源はこいつ、
業務用ガスバーナー!

P1160914.jpg

さあファルガードはこれに耐えられるのか?

実験開始

カチッ、ゴォォォ――-(バーナーに点火した音)

炎を紙に当てると、、、、、

KC3Z0686.jpg

燃えだしたよ!
(>_<)ワァァン

P1160919.jpg

あわててクリップを外して紙だけコンクリートの上へ。


あら?
後の紙が燃えてる。
なんにもしてない方はきれいさっぱり燃え尽きたけどファルガードの方は紙が残ってる。
待てよ。
確か防炎って「燃えない」んじゃなくて「燃えにくい」って事じゃなかったっけ?

そういえば工事用の防炎シートも溶接の火花とかで焦げて穴が開いてたりするよなあ。
燃えないんなら火花で穴は開かないわなあ??

調べてみた。


**** 防炎とは ****
昭和44年から消防法に位置づけられた「防炎規制」において、燃えにくい性質のことを「防炎性能」と呼びます。
「防炎」とはあくまでも「燃えにくい」ということであり、繊維等が小さな火源に接しても容易に燃え上がらず、又着火しても際限なく燃え広がらないことを意味します。
*************

ってことは、火が点いてもそのまま燃え広がらないことなんだ。
たかだかコピー用紙ごときにガスバーナーはやり過ぎたか。(^^ゞポリポリ

んじゃ燃え残ったところで今度はライターで実験。

炎を当てると、、、、

P1160937.jpg

やっぱり燃えるよ〜〜。(*ノ_<*)エーン
だけど炎をよけると、、、、消えちゃった。!?

P1160943.jpg

これか、ファルガードの性能は!!
納得。ヽ( ̄▽ ̄)ノ
燃え広がらないって性能なのね。
そりゃ、コピー用紙なんだから普通に火を点ければそのまま全部燃え尽きちゃうところを途中で消えるようになるんだからすごいよなあ。

これなら少々炎が当たってもすぐに燃えだして天井まで火が回るって事は防げそう。
だけど、燃えなくなるって訳じゃないから過信は禁物だね。
何せ元々よく燃える物なんだから。



自社でサポート管理
KC3Z0680.jpg

防炎スプレーファルガードを施工してみました。

漂流号とアトレーちゃんのカーテンにプシュプシュ吹き付けるだけです。
使う量がわからなかったから多めに吹いたらあらかた無くなっちゃった。
(^_^;)ポリポリ

薄く染み込む程度で十分なのね。

自社でサポート管理
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち便利な装備カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリンク集です。

次のカテゴリは各地の見所です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja