漂流工房の最近のブログ記事

KC3Z2302.jpg

28日の朝の事、漂流母から
「テーブルの板だけもらって来たから脚を付けて。正月に親戚が来た時に使うから。」

付けてってヲイ!
そんなもん急に言うなよ。
(T_T)

29日は予定があって30日まで帰って来ないし、31日じゃ何かあったら間に合わないし。
結局、今晩しか時間が無いじゃん。

仕事から帰って天板をチェックすると集成材の一枚物。
以外と良いものもらってきてるのね。
(◎o◎)

DIY用で折り畳み式の木製脚をホームセンターで物色。
なぜか300mmの脚しか在庫がありません。
テーブルの高さを360mm位にしたいので少し脚が短いです。
仕方ないので40mmほど継ぎ足して伸ばすことにします。
どうせ継ぎ目は見えちゃうから足先を広くしたデザインにやみえるようにわざと大きめの木を継ぎ足しました。
畳の上に置いても跡がつきにくくなるからこれはこれで有りかな。
(^^)

天板に買ってきた脚をネジで固定。
さらに継ぎ足す材料をベビーサンダーで削り出して長いコーススレッド(木工用のネジ)で止めたら脚が完成です。

作業自体は簡単だけど時間がなかったのはちょっとねぇ。
(-.-;)
もっと早く言えよ漂流母。




また家だから漂流工房的にはタダ働きです。
。・゜゜(>_<)゜゜・。
まあいつものことなんですけどね。

マネーパートナーズの口コミ
製作していたオーニング部品が完成です。

P1350367.jpg

発送しましたよ~。

鉄製だからノーマルよりは強度を確保出来てると思います。
もし無理な力がかかったら割れる前に曲がるから安全性は高いはずです。
(^-^)


後日談
部品が届いて早速取り付けしてみたとの連絡をいただきました。
ぴったり収まったそうで一安心。
品質的にも満足してくれたという連絡をいただいて良かったです。
(^。^;)ホッ

フリーパス制

鉄遊び

| コメント(0)
KC3Z2251.jpg

オーニングの部品を作ってます〜。
バーナーで加熱してグイッとな。
(^^)

細く見えるけどこの鉄の棒直径6mm有りますからね〜。



マネーパートナーズの口コミ
漂流工房に九州の方からワンオフ製作のお仕事をいただきました。

遠くからありがとうございます。
m(_ _)m


送っていただいた壊れた部品がこれ
P1340918.jpg

作るのはキャンピングカーのオーニングに付いている開閉シャフトの部品です。
この部品に開閉ハンドル(通称 くるくる棒)を引っ掛けて回すとオーニングの開閉が出来ます。

この部品がトラブルで壊れてしまったそうで普通なら新しい部品をメーカーから買えば良いのですが残念ながら機種が古いためにメーカーに補修部品が無く、「漂流工房ならワンオフで作れるかも?」という事でお引き受けしました。


最初はFRPで形取りして複製しようかと思っていたのですが、よく考えたらこういう力のかかる部品にわざわざプラスチックを使わなくても鉄で作ってしまう方がもっと丈夫な物になるので金属製にする事にしました。
どんな形で仕上げるか考えて制作中です。


CFD
シンクの蛇口修理です。
1週間くらい前に漂流母が「兄嫁の所の蛇口が逆流して流しの下が水びたしになっとる!」

漂流「はぁ???なんで蛇口が逆流するん???」

母「水を出したら流しの下に出てくる。」
漂流「????(?−?)ほえ?」(さらに意味不明)
もういいや、漂流母ほっといて実物見に行こう。


兄嫁さんからの説明「蛇口のシャワーヘッドの根元の所から水漏れして蛇口にセットしておくとシャワーホースを伝わって蛇口の内側を通ってシンクの下に水がたまるからちょっと見て。」と。
そー言う事ね。(^-^)
P1330123-1.jpg
こんな感じで水漏れしてます。

とりあえず分解してみたんだけど肝心のホースの繋ぎ目は分解のしかたがわからず一時撤退。
各部のパッキンもかなり傷んでいるしプラパーツもなんか傷みが有るからこっちも交換する方が良さそう。
蛇口を調べて型番を確認してこの時は終了。




そのあと会社に来てる材料屋さんに連絡して蛇口の部品の注文。
シャワーヘッドアッセンブリーとホースアッセンブリーを両方替えちゃいます。

P1330119.jpg
新しい部品はシャワーヘッドとシャワーホースのセット。
部品で来たので分解方法がわかりました。って単純にねじ込んであるだけなのね。

今日部品が届いたのでサクッと交換です。

P1330124.jpg

流しの下のジャバラ配管のストッパーとジョイント部を取り外して

P1330121.jpg

根本のプラ部品のストッパーを外して

P1330125.jpg

古い部品を引っ張り出して外します。

プラ部品のストッパーは金属部分の下側に穴が開いていてそこからドライバーなどでロックを外すと上に引き出せます。
矢印の部分ね。
P1330129-1.jpg

後は元の通りに組み立てればおしまい。


P1330130.jpg

水漏れしてないか確認して修理完了です。

自宅の修理なんで漂流工房的にはまたただ働きだなぁ。まっ、いいか。(^^ゞポリポリ
漂流家は2世帯住宅で、兄夫婦と同居です。


FX初心者はこちらへ
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち漂流工房カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは漂流家の日常?です。

次のカテゴリは管理人「漂流ハイゼット」についてです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja