漂流工房の最近のブログ記事

これから少しずつ作業を進めていきます。
作業記録の意味も込みでアップしていくことにしました。
当然の話ですが、これは私がやった作業の記録ですからこれをまねして事故や損害が発生したとしても私はなんの責任もとりません。
あくまで漂流工房での作業記録と言うことでお願いします。

2013.02.27(火曜日)

いよいよドナーとして買ってきた中古エンジン(EF-ES)を分解チェックしていきます。
ヤフオクでの写真でオイル管理はあまり良くなかったみたいだから傷んでいる部品は適宜漂流号の壊れたエンジンから移植するつもりです。

まずは外観

P1370462.jpg

結構汚れてます。
それなりに走ってますから仕方ないですね。

カムカバーを開けてみました。

P1370463.jpg
予想通りスラッジがありますね。
オイル管理は良くなかったみたいです。(T_T) ウルウル
この辺は買う前から分かってたので想定内ではありますが。

P1370464.jpg

下側のが漂流号のエンジンヘッド。
毎回3000キロごとにオイル交換してたから変色もしてないし、各部の動きもスムーズです。

オイル交換って大事ですよ〜〜。

それでは分解の続き

P1370470.jpg

インテークマニホールドを取り外し。

プーリーとタイミングベルトのカバーを外してタイミングベルト御対面。
P1370472.jpg

タイミングベルトを外して、エンジンが寝たままだと作業しづらいので立てらせて針金で固定します。

P1370474.jpg

エキゾーストマニホールドを外してみると、固定ボルトが2本折れてました。
右端の3番気筒から排気が漏れていた跡があります。
P1370477.jpg

ヘッドを固定しているボルト8本を緩めてヘッドを取り外します。

外した後のピストンとシリンダーがこちら。
P1370487.jpg

いわゆる、エンジンの中でガソリンが燃えてる所がここね。
普段は見れないでしょうから公開です。(笑)

今回はここまでです。
少しずつアップしていきますね。気長にお待ちくださいませ。
ってこんな素人がやってるエンジン内部の記事なんて興味ある人いるのかしら。
(;^_^A アセアセ

Forex
無い無いと言われていた漂流号のエンジン(EFーES型1カム12バルブEFI仕様)なのですが、

なんとこのタイミングで漂流号と同型の中古エンジンが九州で見つかりました。

ただし、中古エンジンで結構距離を走っているのでそれ相応の痛みはあります。

エンジンそのまま載せ替えできるコンディションではないと思うのでヘッドだけ分解清掃して組み付けするか丸ごとオーバーホールするかですねぇ。

どっちにしてももうしばらく漂流号のエンジンいじりが続きそうです。
(^^ゞポリポリ

もうすぐ運送屋さんに到着するはず。(喜)


やせた芸能人
KC3Z2351.jpg

手術中の漂流号ですがエンジンヘッドに重大な破損が確認されました。
漂流号と同じエンジン、エンジンヘッドの修理用部品の供給は終了していて入手出来ないから事実上の修理不能です。
。・゜゜(>_<)゜゜・。

故障箇所は2番の燃焼室内にクラック(ヒビ割れ)が発生しています。

原因はたぶんヒートクラックだと思うので冷却水のメンテナンス失敗のせいでしょうね。
_| ̄|〇 やってもうた

こうなったとしてもメンテナンスを自分でやって来た以上これも自己責任です。

やせた芸能人
KC3Z2341.jpg

漂流号からEF型エンジンのヘッドが降りました。
ガスケットの吹き抜けかと思っていたんだけどそれより状況悪いかもです。
。・゜゜(>_<)゜゜・。

実は一時期勘違いして冷却水の交換を忘れていた事があったのね。
交換した時にかなりのサビが混ざってたからまずいなとは思ったんだけど、何回か冷却水を交換したら汚れがなくなったから安心してたらガスケットの所で冷却水の通路がふさがってた。
_| ̄|〇 やってもうた

たぶん、トラブルの原因はこれだとおもう。

普通はヘッドがオーバーヒートして壊れてたらリビルドヘッドに交換って話なんだけど、すでにヘッドの入手が出来ないのはわかっているからヘッドが修理不能となると漂流号そのものが修理不能になってしまいます。

どのみちヘッドの面研磨はしなきゃいけないから馴染みの車屋さんに持って行くからそこでチェックしてからですねぇ。

さて、どうなるかなぁ?



やせた芸能人
KC3Z2338.jpg

ラジコンを楽しんだ後石鎚サービスエリアまで帰って来ました。
今回はちょっと寝不足気味だったのですがここまで走って来ていつもより疲れ方が少ないです。

今までと違うのはライトのHID化位ですから前が薄暗くてよく見えないというのが思った以上に運転に影響している事を実感していますねぇ。
対向車を眩惑させないように光軸をきちんと調整しておけばオススメの快適化ですね。
o(^-^)o

やせた芸能人
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち漂流工房カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは漂流家の日常?です。

次のカテゴリは管理人「漂流ハイゼット」についてです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja