漂流号 おかわりエンジン組み立て編その15 腰下編

| コメント(0)
お約束
この記事をまねしてエンジンを壊したり、ケガをしたとしても漂流工房では責任は取れません。
まねして作業をする場合は自己責任でお願いします。m(__)m
この記事はあくまでも漂流工房での作業記録としてアップしている物です。
まあ、こんな事まねする酔狂な人はいないと思うんだけどね。(笑)


2013.04.13.のお話し。

P1400065-1.jpg
色の付いてる配管がヒーターコアをバイパスした仮設配管です。

作業後にまたラジエターを戻してLLCを入れ直します。

今度はどうかな?,,,,ヒーター配管がどんどん熱くなってきます。
予想通りの動きです。
しばらくこのままエンジンをかけたままにして様子を見ます。

冷却水の吹き返しもエア抜け不良もありません。
P1400115.jpg

念のために水漏れしていないか入念にチェックした後、バンパーやグリルをさくっと取り付けてしまいます。

もう一つの懸案事項、排気ガスの白煙ですが,相談した車屋さんの見解では

「分解作業中にマフラーの中に入ってしまったオイルや冷却水が燃えている。
それが燃え尽きるまでしばらくかかるんじゃない?」

エンジンを煽るとマフラーから水が噴き出してきます。
P1400093.jpg

P1400119.jpg

マフラー内部にたまった水やオイルが排気の圧力で出てきたと考えるのが正しいみたいです。
そうなるとしばらく走って様子を見ないと完全に白煙が消えるまでは時間がかかるはずです。


走るためにはシフトレバーやサイドブレーキレバーなどを取り外しているのでその部品を取り付けしていきます。
シフトレバーをフレームごと外しているのでもとのように取り付けます。
この時にオルタネーターの配線などを先にしておかないと後からだと狭くてやりにくいので忘れずにチェックしておきます。

P1400122.jpg

下からシフトワイヤーとサイドブレーキワイヤーを通して定位置へ。
P1400124.jpg

フレームを固定したらコの字型のクリップでワイヤーのアウターを固定します。

P1400132-1.jpg

次にシフトリンクとワイヤーエンドをクリップで固定。
P1400139.jpg

サイドブレーキレバーも固定してしまいます。
P1400143.jpg

指さしているところがサイドブレーキの引きしろの調整ナットです。
締め込むと引きしろが少なくなり、緩めると引きしろが多くなります。

締め過ぎもゆる過ぎも良くないのでここはきちんと調整。
レバーを下ろしたときにワイヤーに多少の遊びがあって、なおかつ、引いたときに7〜12ノッチぐらいでレバーが止まるぐらいに調整します。
この調整はリヤのブレーキシューが摩耗すると遊びが変わってくるので再度調整が必要です。

その後はシートベルトの警告灯の配線やサイドブレーキの配線などをしてカバーを取り付ければオッケー。
P1400150.jpg

やっと見慣れた雰囲気に近づいてきました。

シフトノブを付けてシートを下ろせば取りあえず走れるようになります。
ワーイ ( ^_^)o-o<※ ☆ パンッ

久しぶりに漂流号がスロープから降りてきました。
工房の中でほこりまみれになっていたのでまずは洗車。
P1400163.jpg

P1400166.jpg

取りあえずきれいになったかな。
(;^_^A 

エンジンをかけて白煙のチェックしよう。


夜になっちゃってよく分からないから本日終了
(((#/__)/ ドテ


一眼レフカメラを覚えたい

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2013年5月 6日 17:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漂流号 おかわりエンジン組み立て編その14 腰下編」です。

次のブログ記事は「漂流号 おかわりエンジン組み立て編その16 仮復活テスト走行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja