漂流号 おかわりエンジン分解その3

| コメント(0)
2013.03.01(金曜日)

お約束
当然の話ですが、これは私がやった作業の記録ですからこれをまねして事故や損害が発生したとしても私はなんの責任もとりません。
あくまで漂流工房での作業記録と言うことでお願いします。


ヘッド分解の続きです。

カムシャフトを取り外します。
タイミングベルトのプーリーを外して、根本のカムシャフトの抜け止めとタイミングベルトカバーを外します。
P1370555.jpg

デスビ側から押し出してやると、、、
P1370565.jpg

カムシャフトも結構傷んでますね。これも漂流号から移植かなあ。
(^^ゞポリポリ

「バルブスプリングコンプレッサー」を使ってバルブを取り外します。
P1370582.jpg

バルブとバルブスプリングはこんな状態で収まっています。
P1370581.jpg
スプリングの向きを間違えると調子が悪くなるので向きは重要ですよ、

今回はエキゾースト側のバルブを取り外して本日終了です。



オーストラリアFX

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2013年3月 5日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「開運ばかうけおみくじクッキー」です。

次のブログ記事は「漂流号 おかわりエンジン分解その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja