漂流号手術中

| コメント(0)
実は漂流号のエンジンがトラブルを抱えてましてなぜか排気が白い。
いろいろチェックしてたらどうも2番シリンダー内に冷却水を吸ってるらしい。
でもオイルの方に水が来てないから不思議なんだよね。
で、車屋さんと相談したらヘッドが壊れたのかも?との事なのでリビルトエンジンを探してもらっていたんだけど、なんと漂流号のエンジンEF型はリビルトされずにほとんどが外国に送られるから国内にEF型エンジンを売ってないことが判明。
_| ̄|〇 


その後、さらに調べてみるとEF型は高回転を多用するためにヘッドガスケットが持病ということが判明。

ヘッドの破損ではなくヘッドガスケット(パッキン)なら安価に直る可能性が出て来ました。
(^^)

それなら漂流工房でヘッドを外してガスケットが原因なのかどうかを確かめる価値があります。
車屋さんに連絡してばらした時に必ず必要なパッキン類を取り寄せてもらいました。

今日から少しずつヘッドをばらして行く予定です~。
まずはヘッドカバーを外してカムシャフトとロッカーアームに御対面。(笑)

P1360293.jpg

ここでオイルに冷却水が混ざっているのを確認しました。

普通ならこんな顔( ̄□ ̄;)になるところなんだけどこの症状が出ているということはガスケットが原因の可能性が高くなったからある意味良い方向です~。
長丁場になるのはわかっているから今日はここまで。
続きはまたこんどです~~~。
クリック証券の口コミ

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2013年2月 1日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HIDテスト中」です。

次のブログ記事は「アトレーちゃん(V-S130V)にHID装着しました〜。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja