漂流工房でパンク修理(農機具編)

| コメント(0)
漂流工房にまたまたこんな物が満ち込まれてきました。
漂流父が農作業で使ってる一輪車。
見事にパンクしてますね。(^^ゞポリポリ
P1350688.jpg
作業自体は簡単なんでさくっと修理しちゃいます。

一輪車からホイルごとタイヤ外してチューブを出します。
P1350711.jpg
P1350712.jpg

穴の辺りをサンドペーパーでこすって汚れと離型材を落として
P1350724.jpg
ゴム糊塗って3分ぐらい乾かしてパッチを貼ったら穴ふさぎ完了。
P1350727.jpg
P1350733.jpg

エア漏れしてないか確認
P1350750.jpg

チューブを戻してホイルにタイヤをはめ込みます。
P1350767.jpg

エアを入れてビードがきちんとはまっているか確認。
リムの縁の整形ラインが同じ幅で出ていればオッケーです。
P1350773.jpg

あとは一輪車に取り付ければパンク修理完了。
あ、取り付け時にホイル側に薄めのナットがありますがこれでホイールのベアリングの調整をしているのでずれないように気をつけてくださいね。
きついとタイヤが回りにくくなりますし、緩いとガタガタになってこれも使いにくくなります。
薄いナットが回らないようにスパナで押さえておいて外側のナットを締めてください。
P1350779.jpg
これで完成です〜〜〜。

P1350784.jpg

作業は30分ぐらいなんだけどそれよりもブログアップに時間がかかるのはいつものことですねぇ。
ダラダラ長文だから仕方ないですね。(^^ゞポリポリ
多少でも参考になればそれで良いかな。

依頼者が漂流父なんでまた漂流工房的にはただ働きです。_| ̄|○ 
家族だからまあ良いですけどね。(^^ゞポリポリ


FX

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2013年1月21日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漂流工房オリジナル「ピンポンスイッチシステム」」です。

次のブログ記事は「HIDをポチッと。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja