2011年7月アーカイブ

この間改造したコメリの扇風機なのですが、どうやら品物としてはロゴスコーポレーションの

「どこでも扇風機(乾電池式モバイルファン)」

と同じ物らしいという情報をもらいまして、ネットで確認してみると正にこれ!

さらによく見るとコメリの扇風機の説明書の輸入元がコメリロゴスコーポレーションになってる!(7/11訂正。間違えてました。m(__)m)
ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

完全にOEMだわ。

私が買ったときは3980円だったんだけど、ネットの方が送料込みで3780円だからちょっと安いですね。

さて、この扇風機の特徴ですが、車中泊的観点で好き放題書きます。(笑)

まずはとっても良い点 (⌒▽⌒) 

意外と風量があります。

とはいっても私の場合いきなり改造しちゃったんで乾電池で駆動はせずに車の電源ですから乾電池よりは安定してたと思います。
1980円ぐらいでよく売ってる100Vの小さいクリップファン(20センチぐらいかな)の強よりもどこでも扇風機の強の方がパワーがあります。


強弱の切り替えが付いてる。

回路としては単純な抵抗だけですが強弱の切り替えが付いていますので弱にすると少し静かになります。
それでもそこそこの風量は来ます。

形状が薄いので窓際とかに置きやすい。

薄い箱形ですから設置場所には困りません。
窓際において外の空気を取り入れたり車内の排気が出来ます。 



次がちょっとここは、、、、な点 (T_T) 

本体でかい。

そりゃファンのサイズが10インチ(直径約25センチ)ありますから当然本体の大きさはそれ以上になります。
サイズ的にはちとでかいので漂流号のような小さい車だと使わないときには邪魔になるかも。
ファンサイズは風量とトレードオフなんでこれはこれで分かってる事なんですが。
後側にはファンの中心部にモーターの出っ張りがあります。
ぶつけたりしないでくださいね。


風切り音は結構大きくてやかましい。

静かなオフィスなんかだと気になるかもです。
だけどミリテックとかの車載用扇風機に比べると遙かに静かだし、車載して車中泊に使う分には自分が気にしないのでれば問題ないレベルだと思います。
キャンプ場で使ってもこの扇風機が「うるさい!」って文句を他の人から言われないと思います。

首振り機能がない。

これは構造上しょうがないですね。
一人用と割り切って人数分買うのが吉かも。


上下左右の角度調整がない。

左右はまだ本体の置き方を変えれば良いんだけど上下は厳しいです。
棚の上に置いて下方向のベッドに向ける事が出来ません。


電源が乾電池のみ。

単1のアルカリ乾電池が8本も要ります。
ACアダプターなどのコネクターがありませんので電池のみになるのでランニングコストが結構かかります。
単3の充電式のバッテリーと100円ショップの単1変換アダプターという手もありますが今度は8本分の充電と電池の管理が面倒。
ここら辺の外部入力はメーカーに考えておいて欲しかったなあ。
コストダウンのためでしょうが。
私はさくっとカー電源に改造したので問題なし。
あ、改造すると保証がなくなりますので自己責任でお願いします。
m(__)m


置く以外に設置方法がない。

フックやクリップ等がありませんから置く以外の設置方法がありません。
これも改造しちゃいますから私的には問題なし。


個人的に気になる点。

内部の配線が細い。
まあこんなの気にするのは私ぐらいでしょうけど。(笑)
消費電流が350mAh位だからまあ大丈夫っちゃあ大丈夫なんだけど、個人的にはちょっと。
配線取り替えちゃえば良いだけなんで問題なしです。

モーターの冷却口がない。
ラジコンやってる関係上モーターの冷却口がないのが信じられないです。
出力が小さいからまあ良いのかもだけど改造項目に決定。(笑)



トータルでみたら品質的には良いです。
後は4000円ほどの値段をどう見るかですね。

後日談
コメリに行ったら値段が大幅に安くなってました。
その話はこちら あっ!安くなってる。(T_T)


太陽光発電光熱費
今まで調子の悪かったページ分割がやっと動きました。
ヽ(´▽`)/〜♪

やり方忘れそうなので備忘録として書いておきます。
他の人には役に立たないだろうなあ。(^^ゞポリポリ

MTOS 4.17
Paged Archives 1.31

通常のやり方はネットで多数あるのでそれを参考に。

参考サイト


1)
プラグインのダウンロードとインストール

2)
プラグインの設定で表示ページ数の設定
 私の場合は5に設定。

3)
テンプレートにタグ挿入

私の場合は

インデックステンプレートの中の「メインページ」
アーカイブテンプレートの中の「カテゴリ別ブログ記事リスト」「月別ブログ記事リスト」
の3つです。

タグは詳しく知ら無いけど

<MTEntries>を探して、これのすぐ後ろ(次の行)に<MTPAEntry>を入れる。

</MTEntries>を探して、これのすぐ後ろ(次の行)に<MTPAEnd>
を入れる。

このときに「<MTEntries limit="auto">などのモディファイアがついていると上手く動かない(1ページ目が何度も表示される)ので、<MTEntries>のみにしておきます。」
という記述を発見!
まさにこの症状だったので、書き直してうまく動くようになりました。


分割そのものはこれでオッケーらしいが、これだけだと最初のページしか表示されずにそこから先に行けないのでナビゲーションというリンクを作る。

タグは

 <MTPAIfMultiplePages>
<MTPAPreviousPage text="新しい記事<< "><MTPAPageList><MTPANextPage text=" >>古い記事">
 </MTPAIfMultiplePages>

これを<MTPAEnd>のすぐ後ろに挿入。

数字と矢印だけっていうのだとどっちの記事が新しいのか全然分からなかったので「新しい記事<<」「>>古い記事」と表示されるようにテキストを書き換え。

これで見やすくなりました。
o(*^▽^*)o~♪




www.fxdefx.com
ブログの引っ越しも終わったし、どうやら安定して見れているようなので過去に書けなかった記事を書いていきます。

実際はまだ改造中だったりするんですが、備忘録を兼ねて書いておきますね〜〜〜。
そうそう、相変わらずのだらだら長文なんでホントに暇な方だけどうぞ〜〜。
(笑)



写真の日付を見ると4月28日からはじめてますね。
未だに終わってないって、、、、どうよ?私?
(^^ゞポリポリ


アトレーちゃんは軽という事もあり、断熱加工はそんなにきっちり施されてはいません。
通常走っているときはエアコンもあるし、どうという事はないのですが車中泊で使うという事になってくるとある大きな問題が。

エンジン止めちゃうと「冬涼しく夏あったかい」しかもとっても。(笑)

冬は車内の気温がどんどん下がっちゃってさむくてかなわないし、夏はただでさえ暑いのに床下のエンジンの熱気がもわ〜〜っと上がってきてしまいます。
普通に床が熱いですからねえ。

ここらは漂流号も同じですが。


で、この状態を少しでも緩和しようというのが今回の加工。
ボディの床の部分とサイドのパネル部分に断熱加工をびしっとして「高断熱住宅」を目指します。(^-^)

まずは加工前

SMALL P1130622.jpg
ノーマルですね。

フロアのマットを剥がすと、、、
SMALL P1130629.jpg
フエルトが置いてあって、その下は

SMALL P1130630.jpg
鉄板むき出し。(笑)

さらにサイドのプラスチックパネルを剥がすと、、、
SMALL P1130650.jpg

こっちも鉄板むき出し。
SMALL P1130653.jpg

ま、普通はこんなもんでしょう。

サイドパネルの中にはグラスウールを出来るだけ詰め込みます。
SMALL P1130659.jpg
思い切って大きいやつ買っちゃった。(^-^)
これで思う存分詰め込めます。

グラスウールは細かいガラス繊維が出るので、多少断熱効果は落ちるけどパネルの形に合わせて切り出したグラスウールをビニール袋に詰め込んでテープで閉じてから隙間に詰め込みます。
SMALL P1130662.jpg

奥まで詰め込んだら
SMALL P1130667.jpg

開口部にアルミテープを貼ってすきま風を防ぎます。
SMALL P1130668.jpg


ここでパネルを戻す前に床の断熱をしちゃいます。
アトレーちゃんのベッドになる部分ね。

床にグラスウールは使えないのでキャンプ用品でおなじみの銀マットです。
これでも8ミリほど元の床から高くなるのでリヤシートとかのロックが少しやりにくくなりますが、調整範囲内でしょうからそれで何とかしようかと。

アトレーちゃんのフロア(に限らず車のフロアの鉄板)は強度を上げるためにリブというでこぼこがあります。
アトレちゃんの場合は縦方向にリブがあります。
このままこの上に寝るとこのリブのでこぼこが気になって眠れないのでこの段差も解消します。
リブの上に木を置いてみた所
SMALL P1130676.jpg


リブの低い所にリブの幅に細長く切った銀マットをカーペット用の両面テープで貼り付けていきます。
SMALL P1130673.jpg

同じように木を置いてみると、、、
SMALL P1130675.jpg

ほぼ段差解消。(^-^)

さらに上から1枚物の銀マットを型どりして貼り付けます。
ごちゃごちゃ置きっぱなしの材料は気にしないように。
SMALL P1130683.jpg
横のパネルのアルミテープはこんな感じ。
薄い銀マットも併用してます。
SMALL P1130684.jpg

で、パネルやフロアマットを元に戻すと、、、、
見た目まんまノーマル。(笑)

SMALL P1130687.jpg

実は脱いだらすごいんですって事で後ろ側の断熱完了です。
(笑)

ここまで4月に出来てたのにその後あんまり進んでませんねぇ〜。
il||li _| ̄|○ il||l

今回はここまで。
写真多めで記事にしてみました。
続きはまた次回。


FXを学ぶ
KC3Z0367.jpg

この間買ったコメリの電池式扇風機を車中泊仕様に改造です。

500円程のやっすいシガーソケットの分岐を買っていきなりコードプチっ。
(笑)
プラグの部品取りです。

次に扇風機をあっさり分解。
内部配線が激細です。
( ̄○ ̄;)

ケースの一部にコードを通す穴をあけちゃいます。

電池ボックスの端子とシガープラグのコードをハンダ付け。


あっさり完成〜〜!
(^_^)v

強と弱の切り替えがありますが単純に抵抗が入っているだけでした。
消費電流を計ってみたら

350mA


300mA

意外と消費電流は少ないです。
だけどファンのサイズが大きいから結局風が来ます。
良い買い物でした。


7/25追記

コメリの扇風機の新事実とインプレッションはこちら。

くりっく365でFX
KC3Z0371.jpg

道の駅 みま のオリジナルスイーツ
吟醸バターカステラの 虎の尾 です。

みま町は米所なんで美味しいお酒があってそのなかの一つ、吟醸虎の尾を香り付けに使ったカステラです。

一つ1000円しますが土日限定10個なのでどんどん売れてます。

おうちにお土産ゲットです。

くりっく365でFX
   1 2 3  

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja