アトレーちゃんドアまわりの改造です。その1

| コメント(0)
この記事は思い出しながら書いている過去の記事です。
いつものように長文ダラダラ記事なんで暇な方だけどうぞです〜〜。


アトレーちゃんのドアまわりの改造です。
写真の日付を見ると2011.06.09.になっているんで大体1月前ですね。


しかもだらだらと途中までやって暑くて中断したりしてるので無駄に時間がかかってます。
写真ではたったフロントドア2枚が終わるまでに6.28.までかかっているのでどれだけダラダラしてたかばれますね。
(^^ゞポリポリ

これがビフォ〜

P1140659.jpg

ドノーマルなんでくるくるハンドルが付いてます。(笑)

で、いろいろあってこれがアフタ〜

P1140827.jpg



見た目ほとんど変わってません。
あえて狙ってますが。

加工したメニューは

スピーカーの入れ替え
後付けパワーウィンドウの装着
外側パネルの断熱
内側パネルの密閉

などごぞごぞやってます。

まずは内張を剥がして内部の観察と後付けのパワーウィンドウをどんな風に付けるかを考えます。

ちなみに今回使ったのはこのパワーウィンドウ
漂流号(ハイゼット)の方に使ったのは大昔に買ったミツバのパワーウィンドウだったんだけどもう売ってないと思って探さなかったんです。
実はまだ売ってたのですが。(笑)
壊れても部品が手に入る事が分かっただけでもめっけもん。


P1140662.jpg

仮付けして寸法取りしてる所の写真取り忘れてた。
_| ̄|○ ガク


P1140737.jpg

ドアの後方にモーターが入りそうなので取り付け部の鉄板を軽く板金してモーター取り付け穴を開けちゃいます。
この後ここにモーターをネジ止めすればオッケーね。
取りあえず借り付けでぱわーウィンドウが付いたらユニットをいったん外して断熱加工します。
後からだとドアの中に手が入らないからねえ。

銀マットをパネルの形に合わせて切って裏側に強力両面テープを貼ってドアの中に貼っていきます。
P1140740.jpg

P1140739.jpg

しっかりと貼り付けたら銀マットの継ぎ目が剥がれないようにアルミテープで継ぎ目を貼り合わせます。
P1140744.jpg

貼った所
P1140745.jpg

ここにはガラスの昇降機能があるので剥がれて問題が出ないようにしっかり貼っておきます。
この時点でパワーウィンドウと新しいスピーカー用の配線がドアまで来てますね。

新しいスピーカーがこの赤い方
P1140664.jpg

やっすいスピーカーですが2ウェイだからそこそこの音はするかなと。
(^-^)/

でも取り付けてみたらなんだかスピーカーの後ろが長い。
嫌な予感がして手回しで窓を動かしてみたら見事にガラスとスピーカーが干渉します。
il||li _| ̄|○ il||l

ノーマルは厚みが薄いから問題なかったのね。
いろいろ寸法を測ってみるとスピーカーの取り付け部が10ミリほど引っ込んでいます。
9ミリの合板を丸く切ってかさ上げしてやれば収まりそうです。

作ったのがこれ
P1140804.jpg
防水を兼ねてスプレーで手抜き塗装
P1140820.jpg

右側のリングは音漏れ防止のためにスポンジを貼ってます。
がたつかないようにってのもありますが。


P1140824.jpg

無事スピーカー装着出来た所で今日はここまで〜〜。
続きは次回です。

クラスCまでのIP

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2011年7月16日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どこでも扇風機」です。

次のブログ記事は「自作軽キャンカー漂流号誕生秘話 その3 作ってみた編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja