自作LED照明の節電効果

| コメント(0)
この間取り替えたLED照明の節電効果がどの位なのかチェックしてみました。

元の蛍光灯が8W2灯で合計16Wです。

実際は蛍光灯の器具自体の消費電力があるからトータルで18Wぐらいになるハズ。
という事で計ってみました。

1.0A流れてました。
??おんや

1Aってことは12W?
回路の効率が悪いせいで消費電力少ないのかしら?
それで暗いんでしょうね。

さて、LED化した方はと言うと、60mAのユニットを6個取り付けたので最大360mAのハズ。

計ってみると270mA

344-akarui0.27A.jpeg


10Aレンジだから0.27Aね。

こっちも結構少な目。
6モジュールだから1モジュール辺り45mAって事ですね~~。
(^_^)

蛍光灯より明るくなって消費電力は1/3弱。
オススメですね~~♪

現在サブバッテリーの容量が、65Ahだから、単純計算ですが、

蛍光灯をつけっぱなしで、65時間。
LED照明つけっぱなしで240時間!も持つ計算です。
o(*^▽^*)o~♪



それとさらに実験。
調光ユニットでLEDが点いてて一番暗い状態。

347-kurai0.013A.jpeg

この時に13~14mA程度です。

次は調光ユニットを最小まで絞ったので調光ユニットそのものの消費電力がわかります。

350-shoutou0.0023A.jpeg

2.3mAでした。

これ位ならスイッチ付けずにボリュームを絞って消灯という手もありますね。


だけど漂流的には、かなり少ないとは言えムダな電気は使いたくないのでスイッチ付けて正解でしょうねぇ~♪


ps
今回は、携帯で写真を撮ったので、画像サイズが小さくなっています。
すいません
m(__)m
日本のマーケット

コメントする (公開は承認制です。公開まで時間がかかる事があります。)

このブログ記事について

このページは、漂流ハイゼットが2010年12月 7日 00:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自作LED照明ユニット取り付け完了!」です。

次のブログ記事は「自作軽キャンカー(と言い張っている)漂流号誕生秘話その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja